MENU

BLOG

ブログ

こどもの治療 8歳 女子 受け口 【乳歯列期 (お子さまの矯正治療) 】|文京区の矯正歯科|スマイルプレイス本郷矯正歯科|文京区本郷三丁目駅の矯正歯科

こどもの治療 8歳 女子 受け口 【乳歯列期 (お子さまの矯正治療) 】


患者 8歳 女性
主訴 受け口
診断 反対咬合
治療方針 前歯の反対咬合の改善と口腔周囲筋の調和
治療装置 プレオルソ(マウスピース型装置)
治療期間 2か月 (経過観察:2年)
リテーナー なし
費用 44,000円
治療のリスク 痛み・歯根吸収・歯髄壊死・歯肉退縮・治療後の後戻り

※永久歯への生え替わりの途中で、あごの成長によっては再度でこぼこになることもあります。


この患者様では、前歯部が反対咬合であり、下の前歯が前方に傾いている傾向が認められたため8歳6か月より治療開始。舌の挙上訓練と同時にマウスピース型矯正装置を装着し改善を行いました。上の前歯(4本)が生えるまで経過観察を行い、乳歯列期の準備矯正を終了する予定です。

 

 

 

・乳歯列期・第1期治療を行う場合には、長期的な展望に立っての治療計画を立ててから治療を開始す

る必要があります。

・いくつかの不正咬合の状況が混在している場合もあり、この時期にすべての改善を図ることが不可能

な場合や、永久歯列完成後に改善を行うことがふさわしい症例もあります。

・一般的に第1期治療終了時に再診断を行い、その後の治療方針を再検討します。成長の兼ね合いから、

この時点で成長終了時まで待つ場合もあります。また第1期治療終了時点で、第2期治療の不要な場

合もあります。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ

© SMILE PLACE HONGO ORTHODONTIC OFFICE