MENU

BLOG

ブログ

30歳代 リカバリー 抜歯 奥歯のかみ合わせ【マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)】|文京区の矯正歯科|スマイルプレイス本郷矯正歯科|文京区本郷三丁目駅の矯正歯科

30歳代 リカバリー 抜歯 奥歯のかみ合わせ【マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)】


患者 30歳 女性
主訴 奥歯のかみ合わせ
診断 臼歯部の離開
治療方針 上顎臼歯の挺出 前歯の早期接触の改善
治療装置 商品名(インビザラインフル:薬機対象外)エラスティック・保定装置
治療のリスク 痛み・歯根吸収・歯髄壊死・歯肉退縮・治療後の後戻り

※保定装置を使用しても顎の成長異常・歯周病・舌や口唇の癖・鼻咽喉疾患などによる口呼吸や歯ぎしりなどにより後戻りが生じることがございます。

奥歯が咬まなくなる症状は、マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)特有の症状の一つです。上下顎の抜歯による矯正治療の場合は、特に注意が必要な場所の一つです。また、治療が進むにつれてアライナー(マウスピース)が浮き上がることがあります。合わなくなった時の原因を正しく理解し対応することが大切です。

マウスピース型矯正治療単独での治療が難しくなるケースもございます。その場合は、部分的にワイヤーなどの装置を使用することもあります。この患者様の場合は、比較的軽度のため、エラスティック(透明なゴム)と歯にボタン(ゴムを引っ掛ける装置)を装着し、食事の時以外使用して頂きました。患者様の高い協力により主訴である前歯も改善し、良好なかみ合わせが獲得できたと思います。

 

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ

© SMILE PLACE HONGO ORTHODONTIC OFFICE